エンターテイメント情報

淀川花火大会の有料席はよく見えるだけじゃない!大きな感動の世界が広がります

夏のイベント花火大会。
関西でも大阪や神戸、滋賀などで大きな花火大会が開催されます。

私は毎年大阪のなにわ淀川花火大会を見ています。
JR塚本駅から歩いて淀川沿いの河川敷で楽しんでいました。

長年見てきた花火大会。
塚本方面からの見え方はこんな感じ

淀川花火大会
十分きれいに見えて楽しめます。

だから満足していたのですが

友人たちと花火大会の話をしていたときに
「有料席ってええんかな?」という話になりました。

じゃあ、いっかい有料席で見てみよう!ということで
見てきましたー!

感想は

もうね、本当に感動した!
来年も絶対有料席で見る!

というわけで今回は
有料席で見る花火のレポです。

来年の花火大会の参考にしてもらえれば
嬉しいです!

有料席から見た淀川花火大会

淀川花火大会2018 淀川花火大会2018

パノラマ・ライトスタンド①から見た
淀川花火大会です。

有料席をとったくせにカメラを忘れるという
致命的ミスをやらかしてしまいました。

なので携帯カメラの映像です😣

有料席では、今まで横から見ていた花火が
正面からみることができます。

正面から見ると広く、立体的に花火が打ちあがります。
今まで見ていた花火は一部だったんだと初めてしりました。

有料席では花火と一緒に音楽も流れています。
音楽に合わせて花火が打ちあがり、より感動が大きくなります。

花火に近いので打ちあがる音や衝撃も体に響きます。
目で、音で、体でダイナミックな花火を体感。

1時間があっというまに過ぎていきました。
夢のような時間でした。

 

有料席の人気はパノラマ・ライトスタンド

今回、私たちが花火を見た有料席は
パノラマ・ライトスタンド① 3500円です。

 出典:なにわ淀川花火大会 協賛観覧席購入HP

事前に夫のカメラマン仲間から
パノラマ・ライトスタンドが人気があると聞いてたので
この席を選びました。

淀川花火大会の有料席のチケットは7月1日発売。
1日にチケットを取ろうと思っていたのに忘れていて
2日の朝にあわててネットから申し込みしました。

午後にはパノラマ・ライトスタンドは完売していました。

確実に入手したい方は
発売当日に申し込んだほうがいいです。

有料席で見るメリット

淀川花火大会2018

有料席ではたくさんのメリットがありました。

花火が間近で見られる

やっぱりこれが一番のメリットですね。

花火に合わせた音楽も流れ、より感動的です。
(無料席では音楽はきこえないです)

トイレ、喫煙所が空いている

毎年、無料席では
トイレに並んでいる間に花火終わってしまいそう、
っていうくらい長蛇の列でした。

有料席のトイレはお客さんの数が限られていることもあって
少し待てばすぐ順番が回ってきます。

トイレの心配をしなくていいのは嬉しいですね。

あと、有料席では喫煙所もありました。
タバコを吸う、友達の旦那さんが喜んでいました。

座ってゆっくり見られる

無料席では花火が遠かったり、見えにくかったりして
前にいる人が立ったり動いたりすることがありました。

立ち上がられたり動かれたりすると
後ろの人たちも見えるように中腰になったり
頭の角度を変えたりしないといけません。

でも有料席では花火が近いので前に人が邪魔で見えない、
なんてことがありません。

ずっと座って、花火だけに集中できました。

有料席で見るデメリット

淀川花火大会2018
気になることもちょっとだけあります😣

有料席は数千円、少し高い?

初めて有料席を取る人は「1時間花火を見るだけで数千円かぁ」と
思うかもしれません。

私もちょっと思いました

でも、いちど有料席で見てみると分かる
迫力と感動。

お値段の価値はあると思いました。

駅から遠い。結構歩かないといけない

有料席は花火の打ち上げる場所、正面にあります。
ちょっと遠いです。

あと、すごい混雑で進むのも苦労します。

せめて混雑だけでも避けたい、って人は
3時くらいから会場入りするのがおすすめです。

日陰はないのでテントや日傘は持っていたほうがいいです。
水分補給も忘れずに!

⬇こういうタイプの小さなテントを張って
 花火の時間までお昼寝してるひともたくさんいましたよ。

淀川花火大会まとめ


有料席は多少のデメリットもありますが
それ以上にメリットが多いと私は感じました。

ショーをみるのが好きな人なら
有料席がおすすめです。

私も、次回の花火大会も有料席で楽しもうと思います

COMMENT