スキンケア、ボディケア

私の体験した肌老化の原因は紫外線!大量に浴びるとこうなるよという話

私の体験した肌老化の原因は紫外線!大量に浴びるとこうなるよという話
肌の老化を少しでも遅らせたいメグ(@megumegu_13です。

今回は私の体験談。
20代後半で、ものすごく大量の紫外線を浴びて一気に肌が老化した話です。

紫外線を大量にって、聞くだけで怖いわ。
肌老化の原因って8割が紫外線っていうもんね

そうなんです。
若くても紫外線を浴びれば肌がボロボロになります。
私の馬鹿な実体験を反面教師にして、
しっかりとUV対策を行ってくださいね

海で大量の紫外線を浴び続け、肌が一気に老化するまで

紫外線対策どうする?
紫外線の恐ろしさを知ったのは27、8歳の頃。
それまでインドア派だったのに、友達に誘われたサーフィンにはまり
突然のサーファーガールデビューです。
 
高校から20歳くらいにかけて安室ちゃんブームで
コギャルが幅をきかせていたあの時代を生きたワタクシ。
ガングロブームにも乗らずに日焼らしい日焼けもしたことがなかったのに、です。
 
いきなりリア充よろしく毎週週末にサーフボードをもって仲間たちと楽しんでいました。

調子乗っちゃったね~
 
ね~、ノリノリだったよ~
 

実は紫外線対策はしていました

 
でも日焼はよくないと思っていたのでウエットスーツは上下長袖。

ウォータープルーフの日焼け止めをコテッコテに塗りまくりました。
それはそれはもう!塗りすぎて白浮きしてバカ殿状態でした。

こんなに紫外線対策もして日焼け止めも塗っているんだから
絶対焼けないとおもっていました。

でも自然は、海はすごかった・・・・・・。

紫外線の量、はんぱねぇ!
 
空からはもちろん、海からも照り返しの日光がギラギラ刺さります。
 
半日で肌は真っ赤に炎症をおこし、ヒリヒリ火傷状態。
帰宅後はひたすら氷で冷やし、必死でスキコンを肌に叩き込んでいました。
 
 
スキコンというのはアルビオンから出ている
薬用スキンコンディショナーという化粧水です。

ほてった肌にすーっと冷たく入っていってくれて、肌を落ち着かせてくれます。
このころは、すごくお世話になってました。

 
せっせとお手入れを頑張っていましたが
週末にはまた海へ行って紫外線を浴びてました。
 
サーフィンがあまりに楽しくて夢中で
 
 
あと、少しくらい日焼けしてもしっかりアフターケアすれば何とかなる
とも思っていたアホな私。
 
完全に紫外線をなめてたんです。

 
 

長期間、大量に紫外線を浴び続けた結果

サーフィンをやっていたのは4月~11月くらいまで。
時間は10時くらいから15時か16時くらいまで。

まー、見事に一番紫外線の強いときだよね
 
海の上で浴びてたから
紫外線の量もすごかったとおもう
 
それを2年ちかく続けました
その結果!
 
 
とうとう肌が限界を超えてカッサカサの砂漠肌になってしまいました。
最後まで優しかったスキコンもついには私の肌を拒否です😰
 
どんな化粧水も肌に入ってくれないし、ずっと皮膚が熱くて痛いのです。
触った感じもゴワゴワで、ファンデーションもうまく塗ることができません。

お手入れをすれば多少マシになっていたのに
顔のくすみは日に日にひどくなるばかり。
 
いつも相談に乗ってもらっていたアルビオンの美容部員さんに
「サーフィンはこの先の肌のためにも、絶対やめたほうがいいですよ、やめましょう!」
と真剣に説得されました。
 
「この先の肌のために」という言葉がグサリときました。
 
そうだよね、このままじゃ
あまりにも犠牲が大きすぎる
そして2年ちかく夢中になっていたサーフィンと泣く泣くお別れしました。
海に行くのをやめて、ちゃんとお手入れをすれば肌も戻るだろうと期待しながら。
 

ひどい日焼け、その後にきたものは肌老化!

 
でも日焼けの本当の恐ろしさを知ったのはこの後でした。
 
  • シミが大発生
  • 縦長の毛穴が大量発生
  • 顔じゅうにちりめんじわ
  • 顔がくすんでグレーに
  • 顔がたるみ、ほうれい線がクッキリ!
  • 髪の水分がなくなり、パサパサほうき状態

 

急激に老化してしまった自分にボー然でした。
まだ30そこそこなのに「おばあさん」みたい。

紫外線って本当に怖いんだ!

紫外線の恐ろしさを身をもって体験しました😣

一度たるんでしまった顔はなおるの?
クッキリ刻まれたほうれい線は消えるの?

老けこんでしまった自分にすっかり自信をなくし、人と積極的に会えなくなりました。

 

肌老化から復活するまでにかかった期間


肌老化は思った以上にダメージを与えてきました。
肌はもちろんのこと心まで。

必死でコスメカウンターへ通い、使う金額も大きくなっていきました。
そのかいあって、肌の色は落ち着き、ピリピリした痛みは消えました。
でも顔色は常にくすんで、ほうれい線がクッキリ。辛い。

20代向けのアパレルショップで働いているのに
こんなに老けてしまったら服も似合わないし恥ずかしい。

気が付かないうちに私の心に負の思いが渦巻き、最終的に

「何が楽しいのか分からない」
「もうおばあさんになった自分は生きてていいことあるんだろうか」
「老けて醜い自分は常に周りから責められている」

心を病んでしまいました。

その後、別の目的で受診した病院で「鬱」と診断されました。
まさか自分が鬱になるなんて・・・・・・。ショックでした。

この辺の話は長くなるので
また別の機会にお話ししますね

気持ちは落ちるところまでおちて1年ほどで鬱ピークは抜けました。

鬱ピークを抜けたあとも仕事以外で起きていられる時間は短かったですが
心を元気にしてくれる本や美容系の本を少しづつ読んで回復しようと努力しました。

たくさんの本を読み、たくさんのコスメをつかい、
肌に良いといわれる食べ物、サプリ、生活習慣の見直し
美容皮膚科、エステを体験しました。

本やコスメを買うために鬱なのに別バイトをかけもちしたり。

とにかく働いてるときだけは「しっかりしないと」と思って
体が動かせたので魂のない「からだ」だけが働いてるって感じでした。

乾燥しきった肌が化粧水を受け入れてくれるまでは半年以上かかりました。

毎日の化粧水は時間をかけて
「あきらめずに花に水をやる気持ちで根気よく」
やってました。

少しはましになったと思えたのは
紫外線が原因で肌老化してから7年くらいたってからだったと思います。

7年!長いなー!!

心を病まなければもっと早かったと
おもうんだけどね

 

全部の悩みが解決したわけではありませんが、あのひどい肌老化から
年相応よりちょっとだけ下に見てもらえるようになりました。

紫外線の怖さを体験しておもうこと

考える犬

サーフィンをしなければここまでならなかったのかと言われるとそうかもしれません。
でもあの頃にした「サーフィン」はすごく楽しかったので後悔はしていません。

ただ知識がなさすぎたのは「失敗」でした😓
日焼けして火傷状態になったら化粧品よりも皮膚科へいかないといけない、とか
そういうことすら知りませんでしたしね。

トラブルは早めに皮膚科にかかれば
大事にはならないよ

まぁ、そういうのも含めて全部「体験」という財産になりました。

 

この体験のおかげで得たもの

  • 自分の肌と心と向き合う習慣
  • たくさんの本を読み、知識を得られた
  • 悩んでいる友達にアドバイスができるようになった
  • 人の悩みがよくわかるようになった

まだまだありますが、パッと言えるものだけ。

とはいえ。

良かったこともありますがやっぱり長い間
肌が老化でおばあさんみたいだったのは辛かったです。

つくづく女性にとって肌や髪は命だと実感しました。

見た目がひどく劣化する。
それだけで心のダメージは相当なものです。

肌も髪も自分の財産。
大切にして、いつまでも「女」を楽しみたいですね


長々と語ってしまいましたが
最後まで読んでいただいてありがとうございます

COMMENT