美容、健康

「朝に弱い、起きられない」私が試した目覚まし方法と最後に思ったこと

朝に弱いのが悩みのぐーたら主婦メグ(@megumegu_13です。

ついつい2度寝をしてしまい、気づくと予定ギリギリの時間で
「ヤバイ!!!」と叫んで飛び起きます

それでもアラフォーになってくると20代のころよりは工夫もして
かなり起きられるようになりました。

今回は筋金入りに朝が弱い私が多少2度寝をしても
なんとか起きられるようになった方法を紹介したいと思います。

同じように寝起きの悪さで悩む人のお役に
立てたらいいな~

最後には私のたどり着いた究極の「起きられる思考」を紹介しているので
よかったら一度試してみてくださいね☺

目を覚ますための基本!目覚ましに使う道具

基本中の基本、目を覚ますために使う道具です。
これなしでは起きられません。

が、寝起きのいい人は目覚ましのなる前に目が覚めるとか。
私からしたら「アンビリーバボ!信じられなーい!」です。
ああ、うらやましい。

そんなんええねん!
目覚ましの道具はよはよ!

・・・・・・失礼しました
話を戻します😅

過去に使った目覚まし道具はこちら

  • 目覚まし時計
  • オーディオのタイマー機能で音楽を鳴らす
  • 同じくタイマー機能でラジオを流す
  • テレビのタイマー機能でスイッチオン
  • 携帯アラーム 

いずれも音を鳴らす系です。
色々試しましたが音楽やテレビ、ラジオを鳴らすは日常音として自然すぎて
筋金入りの寝起き悪い選手の私には効果ありませんでした。

正直、一番効果のあったものはやっぱり目覚まし時計です。
けたたましく金属音のなるものを使っていました。

そりゃそうよ。
目覚ましの王道だもん!

でも心臓に悪すぎてやめました……

なんやそれー!

目覚ましとしては一番効果あったんですが
「ジリリリ!」という大きな金属音でストレスがたまってしまって。
睡眠の質まで悪くなりそうなのでやめました。

 

今は携帯電話の目覚ましアプリを使っています。
でも1つでは起きられません。(マジで筋金入りです😅)
なので今は使っていない携帯電話も2つ、目覚ましとして使用しています。

ポイントしては、10分おきとか時間差でセットして一つは枕もと。
もう一つは手を伸ばさないと届かない場所。
3つ目はベッドからでない止められないところです。

めんどくさいけど
起きられますよ~

サプリメントで寝起きの悪さを改善

サプリメントでも寝起きの悪さを改善できると知って取り入れています。

鉄分

体の細胞に酸素を送り込んでダルさを軽減してくれるサプリ

飲んですぐに効果は出ませんが
長年飲んで少しづつ改善されていったという感じです

貧血やめまい、頭痛にも効果があるので手放せません。

 

セントジョーンズワート

うつ病や不眠症の改善にも良いと言われる天然ハーブです。
睡眠の質が落ちてきたな、というときに数日間飲んだりします。

他にもたくさんサプリを飲んでいるので、セントジョーンワートは
常用はしていません。

でも数日飲むと心が穏やかになる実感があります。
ぐっすり眠ると朝もスッキリ起きられます。

 

朝の目覚めをよくするために眠る環境を整えて熟睡

寝起きをよくするのはやっぱり睡眠の質を高めることです。

体を締めつけるものはなるべく着ない

20代のころは仕事で疲れて帰ってきてそのまま寝落ち、なんてこともありました。
服さえ着替えないのでリラックスできるはずもなく・・・・・・。

当たり前ですが
目が覚めても疲れたまま

今はもちろんリラックスできるパジャマで寝ます。
ゴムのきつすぎる下着やルームウェアも着ないようにしています。

あ、でもメディキュットだけは履いてます

足のむくみをとってくれるメディキュットは締め付け感ありますが
むくみとりのために計算された締め付けです。
なので足の疲れが取れて快眠できますよ。

眠る前に暖房、エアコンなど気温によって温度調整をする

暑い、寒いは熟睡の妨げになります。

冬は眠る直前まで部屋を暖めたり、湯たんぽで寝具を暖める。

夏はタイマーで部屋の温度を下げて眠ります。

人が快適に眠るためには
室温26~28度
湿度50~60%
だそうです。

起きたあとの楽しみをつくる

これもかなり効果的です。
楽しみにしているイベントの日は寝起きいいですもんね。

イベントのない日常は「朝に食べたり飲んだりするのが楽しみなもの」を用意します。

寝起きに飲みたいハーブティーとか

新製品の美味しいヨーグルトとか!

脳は「報酬」があると効率的に働いてくれるという性質を利用したものです。

起きたら食べられる楽しみな食べ物=脳への報酬!

それでも起きられない自分へ。究極の精神論を言って聞かせる

色々試しましたが、それでも起きられなかったとき、これを思いつきました。
究極の精神論かもしれません(笑)

死んだら好きなだけ眠れる

いつまでもベッドから出られないときはこういうふうに思うようにしています。
先が限られてきたと知ったアラフォーだからこそ効果のある精神論ですね。

「あ、こんなダラダラしてたらあっと言う間に時間が過ぎちゃう!
好きなことができない!」

早起きをして人生を思い切りエンジョイしないと、ですね

 

昔から朝の1時間は夜の3時間に相当すると言われるほど貴重なもの。
すがすがしい朝を楽しんで人生を充実させたいですね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます🧡

ランキングにも参加してみました。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ではではまた☺

COMMENT